高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

天上の音楽

演奏会のお知らせです!

チェンバーフィルハーモニック東京 第9回演奏会
2月12日(土)18時開演、17時半開場
三鷹市芸術文化センター風のホール

指揮:木村康人
ソプラノ:高瀬梢
コンサートマスター:平山慎一郎

シューベルト:交響曲第4番「悲劇的」
マーラー:交響曲第4番


img071_convert_20110210121152.jpg


私はオーケストラのラッパが好きでトランペット修行を始めました。
オケ曲でも、やはり王道ですが交響曲が、大好きなのです。
その中でもベートーヴェンとマーラーは断トツで愛しているわけです。
特にマーラーは、どの交響曲もトランペットが大活躍しますので、
いつかマーラーの1stを吹けるようになりたいと憧れてきた作曲家です。
そして最初に吹くのであれば、まずは「天上の音楽」と称される
第4番を演奏したいと思っていたので正に長年の念願成就する演奏会です。


今回のオススメ音源はコチラです。

マーラー:交響曲第4番ト長調 [DVD]マーラー:交響曲第4番ト長調 [DVD]
(2003/11/01)
マクネアー(シルヴィア)

商品詳細を見る


マーラーの交響曲に関しては何枚ものDVDやCDを持っていますが、
やはりベルリンフィルの演奏が個人的に大好きなんです。
特に、このDVDは往年のラッパセクションが大活躍です。
1番ラッパはグロート教授、2番はヒルザーさん、3番はプラットさん、
そして1アシはクレッツアーさんが吹いています。
ベルリンフィルのラッパ好きな方は必見です。


マーラーの交響曲のトランペットパートではミュートが多用されます。
私たちラッパセクションも今回の演奏会ではミュートのサウンドにも拘ろうということで
ストレートミュートを金属製のものと木製のものと2種類用意しました。
特に第4楽章のココの部分ですが

R0014581_convert_20110210121416.jpg


指揮者より究極のPPPでお願いしますと注文がありましたので、
木のミュート + フェルトで演奏する予定です。
このフェルトも厚さやベルへの位置などでサウンドが変化します。
先日のリハでは究極すぎたみたいで、もう少し出して下さいと指示されましたが(笑

R0014577_convert_20110210121323.jpg


余談になりますが、この写真にもある木のミュートは思い出の品です。
このミュートはベルリンフィルの元ラッパ奏者であるトーマス・クラモーさんより、
二人の友情にと05年の来日公演でプレゼントされた宝物なんです。


これくらい、いろいろ思い入れあると反対に良い演奏出来ないかもしれませんが(笑
ベストを尽くしますし、多数の方をご招待出来ますので、
興味ある方は是非是非、御連絡下さい!!
当方でチケットを用意致します♪

使用楽器・マウスピース

レヒナー D管 Hi-Cクラッペン SP
トシ・トランペット・アトリエ リム1C カップ1CB スロート23 バックボア24(プラチナ)EXT 1 

シャゴー C管 Hi-C,Aクラッペン SP
トシ・トランペット・アトリエ リム1C(プラチナ) カップ1CB スロート22 バックボア24(ピンクゴールド)


追記

念願の演奏会終わってしまいました。
当日はマーラーからゲネプロでした。
D管はここの部分で使いました!





ゲネプロ中に突然、指揮者より第1楽章の番号17より、
ベルアップで吹いて下さいと言われやっているところ。
紳士淑女同盟を結び本番はやりませんでした(笑
譜面に書いていないし、音を外す可能性が高まるので。


h009_convert_20110213221850.jpg



そして、いよいよ本番になりました。
普段は手に汗なんてかかないのだけど、
もうベチャベチャになるくらい緊張しました。
本番での第1楽章の演奏です。





終ってからの感想としては、
本当に、まだまだだなと反省です。
マーラーの4番で、これだけ大変だったのだから、
他のナンバーのトップを吹くのは過酷だなと実感しました。
でも、どんどん演奏する機会が到来して欲しいとも思いましたよ。


このTCPのオケでは07年より演奏してきましたが、
今回がひと区切りになりそうな気配です。
TCPのラッパセクションは、この三人で切り盛りしてきましたが最高の仲間。
毎回楽しかったヨ、今まで本当に有難う!!


I love Mahler.
And I performed the solo trumpet by a symphony No.4 for the first time.
I was looking forward to this concert.
However, I am examining myself at some places.
I would like to carry out a better performance next time.
I use instrument and mouthpiece.
Lechner D trumpet Hi-C SP
T.Kameyama Rim 1C,Cup 1CB,Throat 23,Backbore 24 Platinum EXT1
SCHAGERL C trumpet Horsdorf-Heavy Hi-C,A SP
T.Kameyama Rim 1C Platinum,Cup 1CB,Throat 22,Backbore 24 Pink gold

テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/10(木) 16:29:52|
  2. 喇叭 Perfomance & Concert News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<SOREL & Tony Lama | ホーム | 後期室内楽実技試験>>

コメント

No title

おお、ついにきましたか。
4番素晴らしい曲。

そしてそのDVDはハイティンク氏の無駄が無く、かつ情熱的であり、
尚且つわが師、グロート節が堪能出来る一枚ですね!

明日、私はリハーサルと重なりお伺いできませんが
大成功を祈っております!
  1. 2011/02/11(金) 12:39:26 |
  2. URL |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

まさサン
有難うございます!
この雪が少し心配です。。。

> そしてそのDVDはハイティンク氏の無駄が無く、かつ情熱的であり、
> 尚且つわが師、グロート節が堪能出来る一枚ですね!

このシリーズの録音はどれも良いですよね。
マーラー1、2、3,4、7と出ていますが、
個人的には巨人と7番の録音が好きです!
全曲録音されていれば良かったのにと残念です。
  1. 2011/02/11(金) 13:16:56 |
  2. URL |
  3. らっぱ@たか #-
  4. [ 編集 ]

No title

お疲れさまでした!
本番ではフェルト使ってないように見えましたが。。。
木のミュートはものすごーく効果的で、素晴らしかった。
D管はAキーないんですね。今はじめてこのブログを見ましたが、余計なことを言ってしまい、失礼いたしました。
  1. 2011/02/13(日) 00:15:32 |
  2. URL |
  3. RIVERFIELD #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

RIVERFIELD君

昨日は北海道帰りの中、わざわざ来てくれて有難う!!!!
そしてロイズな差し入れまで♪

昨日は結構落ち込んでいたので、メールが本当に救いというか励みになりました。
ゲネプロの演奏と本番の演奏の録音を聴いてみて今日は反省していました。

> 本番ではフェルト使ってないように見えましたが。。。

そうなんだよ!
究極すぎなくて良いという指示ありましてw

> 木のミュートはものすごーく効果的で、素晴らしかった。

Pのところ、PPPのところで比較的息を入れ気味に吹けるから安定するしね。


> D管はAキーないんですね。今はじめてこのブログを見ましたが、余計なことを言ってしまい、失礼いたしました。

いえいえ、詳細に見ていてもらったみたいで光栄です。
俺もC管一本でいこうかと思っていたのだけど、
装飾音符着くフレーズの運指の確実性と、
第三楽章のヤマ場で音が出なかったりカスれたりしないようにと
安全策でいきました。
出ている音が良ければ何管使ってもOKかなと最近は考えていますw
  1. 2011/02/13(日) 23:41:26 |
  2. URL |
  3. らっぱ@たか #-
  4. [ 編集 ]

No title

おつかれさまでした!

素晴らしい演奏です。
難曲ですよね、私も何回か演奏しましたが、深いですね。

新しい場所にうつること、新しいことを始めるときは恨まれることが多いと先週、テレビで唐沢敏昭さんおっしゃてました。

でも、負けないで下さい。

勘違いの発言だったらお許しください。

TAKAさんの更なる活躍を期待してます!

また今年、色々やりましょうね。
  1. 2011/02/14(月) 23:01:24 |
  2. URL |
  3. まさ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

まさサン
コメント有難うございます。
動画見てくださったのですね!
次にマーラーをやるときは、
もっと落ち着いた気持ちで、
演奏出来るように精進します!


> 新しい場所にうつること、新しいことを始めるときは恨まれることが多いと先週、テレビで唐沢敏昭さんおっしゃてました。
>
> でも、負けないで下さい。

はい、応援有難うございます!


> また今年、色々やりましょうね。

是非是非、宜しくお願いします☆
  1. 2011/02/15(火) 13:57:44 |
  2. URL |
  3. らっぱ@たか #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trptaka.blog48.fc2.com/tb.php/82-5d5da350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (147)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (83)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (30)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (38)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (15)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (76)
城・神社・仏閣 Castle Temple (43)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (31)
靴 Shoes & Boots (15)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (35)
二輪 Bike (23)
HD FXDLS (4)
家族 Family (24)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示