高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

RENAULT MEGANE R.S. TROPHY-S

前回のブログの続きですが車が納車されました。
Cセグメントの車格、2Lエンジン、マニュアル、5人乗りという条件で選んだ車は。

2O9A0858_convert_20150807211334.jpg

RENAULT MEGANE R.S. TROPHY-S
ルノーのメガーヌRSトロフィーSを選択しました。
メガーヌRSに乗った時に受けた走りの純度の高さが忘れられず、
妻より4ドアであることを厳命されていたにも関わらず譲歩してもらいましたw
試乗はメガーヌRSだったのですが、どうしても60台限定のトロフィーSが欲しかったのです。
東京のディーラーでは完売ということでメガーヌRSトロフィー(90台限定)であればあるということだったのですが、
しかし諦めきれず他県のディーラーに直接交渉してみたところ近郊のディーラーに1台だけ残っていたのです(驚
正に運命ですねw
ディーラーに赴き現車を確認し即決、契約と相成りました。

なぜトロフィーSでないとダメだったかに関しては理由があります。
元バイク乗りとして4つの特別なメーカーのオプションパーツが付いているのです。

IMG_2792_convert_20150807211601.jpg

まずはオーリンズのサスペンション。
車ではビルシュタインのほうが有名かもしれませんが、
バイク乗りとしてはオーリンズのほうが有難みが全然上ですw
トロフィーだとオーリンズが付いていないんです。
そこが、どうしても譲れないポイントでした。
フロント20クリック、リヤ30クリックの調整幅があり、
工場出荷時のフロント5クリック、リヤ10クリックという設定で納車となりました。
メガーヌRSに乗った際に足回りは、かなりハードだなという印象を受けていたので、
トロフィーSでは更にハードかと想像していたのでしたが流石はオーリンズでした(驚
減衰力の特性がやはり特筆すべき点で以前、バイクで乗って感じた印象と全く同様の感動を得れました。
ゴールド仕上げでない点が少し残念でしたがw
サスのセッティングに関しては慣らし含め、いくつかのシチュエーションで試して方向性を決めていきたいです。
ニュルブリンクで最速ラップを刻んだ某ドライバーのオススメセッティングもあるそうなのですが、
そんな話は、また次のブログで詳しく書いていきたいと思います。



2O9A2233_convert_20150807213511.jpg

ホイールはスピードラインTurini19インチでノーマルのRSよりインチアップしたにも関わらず、
4本で6.5kgの軽量化ということで、1本当たりの重さは10kgという驚きの数字。
そしてタイヤもミシュランパイロットスポーツ カップ2なのでバネ下の動き、グリップにも大きな違い。
更にブレーキは、これまたバイク乗りとしては涙もののブレンボの赤キャリパー。
納車当日に、あまりの嬉しさから慣らしなのに大垂水峠に行ってしまったくらいw
ブレーキのタッチ、ターンインしたハンドリングの良さ、想像通りの質の高さでした。
ここ最近、コンチネンタル、ピレリ、ブリジストンなどのタイヤを選択することが多かったですが、
やはりミシュランのパイロットスポーツは良いですね。
トレッドのアウトサイドとインサイドで異なるコンパウンドを採用するなど
ウルトラハイパフォーマンスカーを主なターゲット車種とし、サーキット走行でのタイムアップを主眼に置きながらも、
一般公道の走行に必要な性能を犠牲にしないタイヤ作りを目指し開発されたそうですが、正にそのとおりな乗り味。



2O9A2255_convert_20150807215346.jpg

そしてバイクのエキゾーストメーカーとして超有名であるAKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)のカーボンエンド付のチタンマフラー。
レーシングなサウンドを想像していましたがノーマルモードでは随分と静かで意外でしたw
AMGのほうが、よっぽどワイルドなサウンドでしたね。
以前はバイクも、車もコツコツと自分なりのスタイルに仕上げていくことが好きでしたが、
MやAMGを体験してからは、メーカーのコンプリートモデルに乗るほうが好みになりました。
ルノースポールの凄い点は凄腕のドライバーが平均10万km前後の走行距離を一般公道、
そしてサーキットを走り込み作り込んでおり、耐久性も平均的な市販車の二倍を確保しているそうです。
ゴルフRやWRXでなくトロフィーSを選んだ理由は、そのトータルパッケージのバランスの良さでした。
エンジンは縦置き、駆動方式はFRに拘った車選びから、横置き、FFベースの車を選択していく上で、
使い切れるパワー、電子制御に頼らない基本性能が高いハンドリング、魅力的なスタイリングなどが決め手になりました。
下記はニュルブリンク北コースでFF最速を決めた動画です。



ラップタイムは7分54秒36。
旧GTR、NSX、ランエボやWRX、ゴルフR、アストンマーチンV12より速いんですから驚きです。
FFのGT3と称されるのも分かる数字です。
しかし、記録は常に塗り替えられるもの。
現在のFF最速はシビックのタイプRです。
驚愕の7分50秒63。



動画を見比べるとメガーヌのほうがハンドリング良さそうですよね。
あとシフトの位置もタイプRのほうは嫌でした。
スタイリングもトロフィーSのほうが好みでしたし。
メガーヌは直ぐにモデルチェンジする予定ですが、
それでも、この車が良かったんです。
そして10月に同じような限定車出るかもという情報もありましたが、
少しでも仕様が違うと嫌なので、残り最後の1台を選びました。









テーマ:ルノー - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/08/08(土) 16:23:13|
  2. 四輪 Car
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<RENAULT MEGANE R.S. TROPHY-S その2 | ホーム | ひろしま>>

コメント

>元バイク乗りとして4つの特別なメーカーのオプションパーツが付いているのです・・・

その選択よくわかります^^
特にオーリンズと赤のブレンボキャリパーはグッときますね♪
これからのインプレ楽しみにしてます^^
  1. 2015/08/21(金) 08:39:09 |
  2. URL |
  3. 秋田のTomo #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Tomoさん

そうなんです!
グッときてしまいます☆
特にオーリンズはバイク乗りとしては有り難さがw
  1. 2015/08/21(金) 10:05:52 |
  2. URL |
  3. 高 長行 #-
  4. [ 編集 ]

第2段!CUP-S注文しそう。

今日かねてより気になっていたディーラーへ行ってきました。当然メガーヌR,Sとやらを乗リにですね。で、走ってきましたがな、よく締まったアシ。
スピード70km位から飛ぶようにギャップをなめる。忍者アシ?みたいな。
ざらつきも全くないし、美味しい部分が味わえる、思ったより室内音も障らず。降りたくなくなりますねえ、これ。
で、ついに注文してしまいますよCUP-S。最後の(多分)モデル。買った者は自ずと保存会員ですね。
明日から忙しくなります。来るのが楽しみです。
  1. 2015/10/25(日) 01:24:41 |
  2. URL |
  3. へろ #acUC0XfQ
  4. [ 編集 ]

Re: 第2段!CUP-S注文しそう。

へろさん

コメントありがとうございます!

> 今日かねてより気になっていたディーラーへ行ってきました。当然メガーヌR,Sとやらを乗リにですね。で、走ってきましたがな、よく締まったアシ。

試乗すると良さが理解出来ますよね。
各操作系統のフィーリング含め運転していての満足度は高いですよ。
サイドブレーキが左ハンドル用の角度なのはいただけませんが(汗

CUP-Sのフロントウイングが赤なのもワンポイントのアクセントになっていますよね!
  1. 2015/10/25(日) 08:28:37 |
  2. URL |
  3. 高 長行 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trptaka.blog48.fc2.com/tb.php/601-4d5c0bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (149)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (84)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (31)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (39)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (17)
カメラ、機材 Camera,etc (15)
旅・休日 Trip & Holiday (77)
城・神社・仏閣 Castle Temple (46)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (30)
靴 Shoes & Boots (16)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (35)
二輪 Bike (26)
HD FXDLS (6)
家族 Family (26)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示