高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

PHILHARMONIE

2月6日は私にとっての聖地巡礼をしてきました。

L1004951_convert_20140208065453.jpg


2014年2月6日(木)20時開演
ベルリンフィル定期演奏会
指揮 ヘルベルト・ブロムシュテット

曲目
ヒンデミット 交響曲「画家マティス」
ベルリオーズ 幻想交響曲

コンサートマスター 樫本大進
管楽器トップ 
Fl Emmanuel Pahud Ob Jonathan Kelly Cl Andreas Ottensamer Fg Stefan Schwelgert
Hr N.N Trp Tamas Velenczei Trb Christhard Gossling Tuba Alexander von Puttkamer
Timp Rainer Seegers


私にとってベルリンフィルは特別なオケです。
ベルリンの本拠地で聴くのは今回2回目。


ヒンデミットのマティスはCDでしか聴いたことありませんでした。
なかなか生で聴く機会ない曲を大好きなベルリンフィルで初体験出来るなんて♪
冒頭、始まって直ぐから鳥肌がサーーーっと立ってきます。
そしてラッパにも難しいソロあるのですが首席のタマシュさんが素晴らしい演奏をしてました。
30分弱の短い交響曲なのですが、正にあっという間でして
弦楽器、管楽器、打楽器と全ての楽器郡のクオリティのハンパでない演奏に、
何度もザワザワと高揚感が波状攻撃でやってくるような前プロでした。


ヒンデミットのあまりにも素晴らしい演奏ぶりに後半の
幻想交響曲は、ヒンデミットほどの感動は得られないかなと
思っていたのですが流石ベルリンフィル凄まじい名演でした。
終演後の観客総立ちに近い熱狂的な拍手が、この夜の演奏の素晴らしさを表していました。



これはラトル指揮の幻想なのですが、
タマシュさんがコルネットソロを演奏しているので、
是非、見てみて下さい!!!

幻想は各楽器ともに大編成になります。
コルネットはタマシュさん、客演奏者(誰だか分かりませんでした)
トランペットは客演奏者(分からなかったのですがハゲ具合で、もしやゾンマーハルダーか?)、そしてギヨーム。
出来れば、クレッツアーさん、ヒルザーさんのどちらかにも演奏していて欲しかったです。
特にヒルザーさんは引退だと思うので最後に聴きたかったから残念。

幻想でのファゴット、コールアングレ、チューバなど凄まじい演奏ばかりだったのですが、
MVPはE♭クラのWalter Seyfarthさんの鬼気迫る名演でして周りの奏者も思わずニヤっとする人も。
それまでも素晴らしい演奏だったのですが、その後は更に周りの奏者も触発されたかのような相乗効果。

いやー本当に素晴らしい演奏でした。


R0025126+(2)_convert_20140208065852.jpg

終演後にギヨームとお話出来ました。
彼の2番奏者としてのサポートぶりも勉強になりました。
いくつか私も直ぐに仕事で試してみたいなという示唆に富んだ演奏っぷりでした。

今回、ベルリンフィルを聴いて自分の原点を思い出しました。
目指したい高みというものを改めて思い起こせました。
先日のレッスン、そして今日の演奏会、ベルリンに来て良かったです。
やるぞーーーーーーーーーとモチベーションがムクムクと湧き上がりました。
今年は飛躍できるように頑張るぞ!!!!!




追記 2014年12月15日

この演奏会の動画です。

コルネットの2番を吹いていたのは、
ヒルザーさんの後釜として入団したあの若手君だったんですね。
しかし10代でベルリンフィルに入るというのは大したもんですね。





テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/08(土) 07:44:55|
  2. 喇叭 Perfomance & Concert News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Steiff | ホーム | Rainer Auerbach & STAATSOPER>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trptaka.blog48.fc2.com/tb.php/465-5860569a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (149)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (83)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (31)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (39)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (16)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (76)
城・神社・仏閣 Castle Temple (44)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (31)
靴 Shoes & Boots (16)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (35)
二輪 Bike (23)
HD FXDLS (5)
家族 Family (25)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示