高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

アヤ・ソフィア、グランドバザール、ガラタ塔

L1003068_convert_20130915014839.jpg

前回のブログの続きです。

9月11日の午後からは、まずアヤ・ソフィアに行きました。
アヤ・ソフィアは、西暦325年にコンスタンティヌス1世により元の教会の建築が始まり360年に完成するも、
幾たびかの焼失を経てユスティニアス帝が537年に現在のものを建築したとのこと。
直径31mの大ドームは当時では最大級の建物だったそうでギリシア正教の大本山として、
ビザンツ帝国の終焉まで崇められていた由緒ある建築物です。


L1003045_convert_20130915014047.jpg

1453年にコンスタンティノーブル(現在はイスタンブール)が陥落した後は当時のスルタンであった
メフメット2世によってジャーミィに変えられオスマン朝の終焉までモスクとして存在していました。
だから建物内部もキリストの絵とイスラム教の装飾が混在しているところがアヤ・ソフィアの大きな特徴です。
時代に翻弄され幾たびも、その姿を変えたアヤ・ソフィア、現在は博物館となっています。


L1003099_convert_20130915015403.jpg

イスタンブールの街を散歩し次に行ったのは、ばざーるでござーるデス。(ネタが古いですねw)
グランドバザールは15世紀半ばに建設されたのが始まりだそうでイスラムならではの市場の風景です。
カイロにもハンハリーリがありますが、こちらのほうが客引きもソフトだと感じましたw
屋内市場では中東最大と言われているのですが確かに大きくて、かなり歩きました。


96時間 [DVD]96時間 [DVD]
(2012/12/19)
リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン 他

商品詳細を見る


007/スカイフォール [DVD]007/スカイフォール [DVD]
(2013/08/02)
ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る



ここでは上記の映画のロケ撮影も行われており映画のワンシーンのように、
グランドバザールの屋根から写真を撮りたかったのですが残念ながら無理でした。


L1003095_convert_20130915015124.jpg

バザールには貴金属、絨毯、スパイス、布地製品、お土産、アンティークなど、
あらゆるものが売っていまして、うちの妻は相当に目を輝かせていましたw
ホテルに一度戻り、小休憩をしてからトラムに乗りガラダ橋のほうに向かいました。


L1003111_convert_20130915015623.jpg

ガラダ橋を渡ると新市街になります。中央に見える高い建物はガラダ塔です。

眼前に広がる金角湾、マルマラ海、ボスボラス海峡を見てヨーロッパとアジアの架け橋であること、
コンスタンティノーブルの時代は、この海とテオドシウスの城壁によって難攻不落の都市だったことなど、
実際に目にしてみて、なるほどなと実感しました。

コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
(1991/04/29)
塩野 七生

商品詳細を見る


この三部作を読んでいたので尚更、感慨が深かったのだと思います。

ガラダ橋には、たくさんの釣り人が居たのも印象的でした。
橋には、たくさんのカフェやレストランがあり食欲を誘う良い匂いがします。
とりあえず我慢してガラダ塔に向かい展望台まで登りました。
高さ67mの塔で6世紀始めは灯台として使用されていたものを
14世紀にジェノヴァ人がビザンツ帝国への監視塔として改造され、
その後は牢獄や天文台として使われていたとのこと。

L1003141_convert_20130915015826.jpg

塔の上からは素晴らしい光景が広がっていました。
トプカプ宮殿、ブルーモスク、アヤ・ソフィア、スレイマンモスクなどなど。
塔の上で夕暮れを楽しんでからはガラタ橋に戻り有名な鯖サンドを食べましたが、
これが非常に美味かったです!!!!

イスタンブール、訪れる度に好きになる街です。
また再訪したいです♪


テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. 2013/09/15(日) 02:28:00|
  2. 城・神社・仏閣 Castle Temple
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イスタンブール猫物語 | ホーム | 地下宮殿とトプカプ宮殿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trptaka.blog48.fc2.com/tb.php/418-d58d1ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (145)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (82)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (30)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (38)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (15)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (75)
城・神社・仏閣 Castle Temple (43)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (30)
靴 Shoes & Boots (15)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (33)
二輪 Bike (24)
HD FXDLS (2)
家族 Family (23)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示