高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

ギザの三大ピラミッド

R0011779_convert_20121202004949.jpg

とうとう2012年も12月に入りました。
今日はオペラのリハーサル予定だったのですが、
タハリール広場で大規模デモあるとのことで、
仕事がキャンセルになった為、ギザの三大ピラミッドを観光してきました。



世界最初のピラミッドである階段ピラミッド、

そしてスネフェル王の作った真正、屈折、赤のピラミッドを経て、

とうとう世界最大のピラミッドであるクフ王のピラミッドです。




R0021762_convert_20121202012025.jpg

スネフェル王の息子であるクフ王は、
父王が完成させた「真」のピラミッドである赤のピラミッドの
建造技術をもとに後にも先にも史上最大のピラミッドを建造しました。
高さ146m(現在138m)、底辺:230.m、傾斜:51度50
もちろんクフのピラミッドの内部も見学してきました。
(午前、午後で300人限定)







R0011768_convert_20121202013014.jpg

そしてクフ王の息子であるカフラー王の建てたピラミッドです。
クフ王のピラミッドに比べ高さ、底辺で若干小ぶりですが、
高台に建て、且つ傾斜角度が鋭いので1番高く見えます。
高さ143m(現在136m)、底辺215m、傾斜53度10分。
頂上部分には石灰石の化粧石が残っており個人的に1番好きなピラミッドです。
そして太陽の船も、ちゃんと見てきました。
しかしピラミッドといい、この巨大な船といい、古代エジプトは、
底知れない国力と技術を持ち合わせていたのですね。

CIMG1314_convert_20121202013351.jpg

カフラー王の息子であるメンカフラーのピラミッドは、
クフ王、カフラー王の規模に比べると明らかに見劣りする小ささなので、
まともに見ると感動が少ないということでラクダに乗り(初乗駱駝)、
砂漠の中にある絶景ポイントに移動しました。







R0021841_convert_20121202014000.jpg

三大ピラミッドの1番左がメンカフラー王のピラミッドです。
高さ65m(現在62m)、底辺105m、傾斜51度20分と三大ピラミッドのうち、
最も小さいのですが、このポイントからの光景であれば、とても立派に見えます!
しかし、駱駝に乗りながら、この素晴らしい絶景を眺める。
本当に感動です!!!!!!!!







R0021866_convert_20121202014854.jpg

カフラー王のピラミッド前に鎮座する大スフィンクスも見てきました。
全長73.5m、全高20m、全幅6m、一枚岩からの彫り出した世界最大の像です。
ギザのピラミッド、そしてスフィンクスは知らない人は居ないですよね。
でも写真やテレビで見るのと、実際に間近で見るのでは雲泥の差があります。
どんな世界でも、そうですが本物は違います。

この1週間でピラミッドの歴史、そして建造技術の推移を見てきて、
ピラミッドコンプレックスの仕組み含めて、とても勉強になりました。
さてエジプトのピラミッドの黄金時代は、ここが境界線です。
これより先は衰退期と言えるのかもしれません。
それは、また日を改めて観光してきたらブログに書いていきます。


おまけ
ギザという意味ですが、渡るという意味だそうです。
ナイル川を渡る場所にあることからギザという地名になったそうです。



テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 2012/12/02(日) 02:20:32|
  2. 城・神社・仏閣 Castle Temple
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アレキサンドリアでのクリスマスコンサート | ホーム | スネフェル王のピラミッド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trptaka.blog48.fc2.com/tb.php/292-9ce8205a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (145)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (82)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (30)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (38)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (15)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (75)
城・神社・仏閣 Castle Temple (43)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (30)
靴 Shoes & Boots (15)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (33)
二輪 Bike (24)
HD FXDLS (2)
家族 Family (23)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示