高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

ライプチヒのラッパ吹き

昨日はライプチヒ歌劇場首席ラッパ奏者の高見信行君が、
私の自宅のある国立市まで遊びに来てくれました!!!


ノブとの出会いは2004年の11月にベルリンフィルの元トランペット奏者である
トーマス・クラモーのレッスンを受けたのが縁でした。

20041101_convert_20120807120300.jpg
※マニアネタとしてはトーマスの持っているラッパはシャガールの特別注文D-1で、私のはライプチヒに工房を構えるズィーレのB♭管です。



ノブの略歴は、ここを参照。
まあ、凄い経歴ですよね!!



今回は2009年以来の久しぶりの再会も楽しみでしたが、
ラッパ吹きにとって常に基本となるお互いのB♭管を
それぞれ吹きたいというのも大きな目的なのでしたw


R0020257_convert_20120807132459.jpg

二本ともBachのピストンB♭管で上のGPが私、下のSPがノブのものです。
プロアマ問わず多くの喇叭吹きがBachを使用しておりノーマルのまま使う人もいますが、
いくつかの吹きにくさを改善しようと改造する人もいます。

私のGPはJUN'S Renaissance Brassworksの池辺さんのところで、
最適化Ver.2とピストンパーツ群の変更、羽賀管楽器工房で1番管のOリング化、
ブラスプロで3番管ロング棒などを改造しております。

ノブのSPはライプツィヒ・ズィーレ工房の中川崇雄さんと共同作業で仕上げた逸品で、
マウスパイプやオリジナルのOリング、Bachアルチザンのロング棒などが特徴です


私は自分のBach43ベルB♭管が、かなり気に入っておりまして、
これを超える楽器はあまり無いんじゃないかと自負しているのですが、
ノブのラッパも素晴らしかった!私のとはタイプの違う良さを持っていました。
きっとマウスパイプに要因あると思うのですがBachとは一味違う抵抗感と吹奏感で、
ロータリーラッパを作るシャガールやタインのピストンに近いような印象を受けました。

でもピストンは自分の使っているほうが良いな~と思ったりしたのですけどw


お次は。

R0020261_convert_20120807132646.jpg

二本とも90年代に作成されたMONKEのロータリーB♭管SPです。
ちなみに90年代のモンケは、ベルに刻印がないのが特徴で、
初代や現マイスターと違う人が作成していたことや
コストダウンなど、あまり良い楽器が少ないという話を聞いたことあります。

しかし両方ともトーマスが使用していたもので悪い楽器ではないのですが。
ちなみに上がノブので、下が私の。

モンケは結構、問題の多い楽器なんです(汗
ツボにハマッたときのモンケサウンドは何にも代えがたい魅力あるのですが、
いかんせん音程など、仕事で使うにはリスクが高まる問題が、いくつかあります。

私のモンケも、もっと使える楽器にしたいということで今年の6月にピストンラッパと同じく
JUN'S Renaissance Brassworksの池辺さんのところで最適化Ver.2を施工してもらい
かなり良くなったんです!!

ノブのモンケはマウスパイプを特別注文し、チューニング管は同じく
ライプツィヒ・ズィーレ工房の中川さんと共同作業で仕上げたものだそうですが、
これは本当にヤバいモンケでした。
こんな良いモンケ吹いたことないっていう素晴らしいレベル。
これは脱帽な楽器で自分のに戻りたくないくらいの差がありましたね。
私もノブに頼んでチューニング管を注文したいと思っていますw


R0020262_convert_20120807134049.jpg


さんざんラッパを吹いたあとは近所のホルモン屋さんで飲み会となりました!
また次回の再会が楽しみです♪


テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/07(火) 12:40:41|
  2. 喇叭 Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京音大ラッパ科合宿 | ホーム | ピストントランペット用のマウスピース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trptaka.blog48.fc2.com/tb.php/258-48f87673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (149)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (83)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (31)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (38)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (16)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (76)
城・神社・仏閣 Castle Temple (44)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (31)
靴 Shoes & Boots (16)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (35)
二輪 Bike (23)
HD FXDLS (5)
家族 Family (25)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示