FC2ブログ

高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

ついに、ブラームス!

Ddmg-4FV4AAFAWp.jpg

チェンバー・フィルハーモニック東京
第23回演奏会 《ついに、ブラームス!》
2018年5月27日(日) 14:00開演
三鷹市芸術文化センター 風のホール
ブラームス:交響曲第1番ハ短調 op.68
ブラームス:交響曲第2番ニ長調 op.73
[新ブラームス全集原典版]

指揮: 木村康人
コンサートマスター: 加藤揚啓・平山慎一郎

客演首席として演奏しているTCPの演奏会です。
今回はブラ1とブラ2を同日に演奏するという
何とも意欲的なオール・ブラームス・プログラムです。

ブラームスってラッパが活躍しない割に難しいんですよね(笑

ブラ1


ブラ2


ブラームスはパート譜だと、いろいろ騙されますw
どちらのスコアも2016年に改訂されており、
野本由紀夫さんの解説が理解を深める一助になります。

ブラ1は20年近く前に初めて1番ラッパを吹いた
記念すべき曲だったのですが、
案外と耳も体も覚えているものです!
そしてブラ2はオケスタでも何回もさらっていた曲なので
どちらの交響曲も演奏するのが楽しみです。

33462584_10215671303486472_7645741071980298240_o.jpg

今回の演奏会では、このような楽器配置で演奏します。

マエストロ木村曰く
「ブラームスがマエストロ・ヘンシェルとの書簡で理想形としていた楽器配置に極力近づけて演奏したいと思っています。
写真は1881年頃ヘンシェル初代監督時代のBSOです。これがアンサンブルもバランス造りもとにかく大変!なのですが、指揮をしている分には「あぁなるほどな」と感じる場面が少なくありません。指揮者とティンパニを中心に、木管、金管、Vn1、Vn2がそれぞれ横一列約9名ずつのユニットとなり、そしてその倍数ユニットの中低弦が放射状に配されオケを包み込む、と。」

風のホールで、どのような響きが奏でられるのか。
是非、会場に聴きにお越し下さいませ!


使用楽器・マウスピース

Schagerl C管 Horsdorf-Heavy Hi-C,Aクラッペン SP
Lechner D管 Hi-C,Aクラッペン GP
トシ・トランペット・アトリエ A.Dehmal WS リムS1C カップ1CB スロート25 バックボアH SP

先日ブログに書いたNewマウスピースのデビュー戦です。
最高にサウンドも、どちらの楽器にも相性が良くて音楽に集中出来ます。




追記

演奏会前日のリハーサルで会場に着き、
床から楽器ケースを持ち上げ椅子に置こうとした瞬間に
「グギっ」と人生初のギックリ腰になりました。
立位保持困難、何とか椅子に座り痛みに耐えながら演奏。
帰宅してロキソニンテープを張って眠るも痛みで熟睡出来ず。
翌朝、ベッドから体を起こすことが出来ず、
何とか体を起こしても立ち上がることが出来ない(笑
まさに、これぞ「腰砕け」を体感。
妻を呼び介助してもらい何とか立ち上がるも。
これは演奏無理かな。今から誰か演奏頼める人居るかななども頭によぎりながら、
コルセットで腰をガチガチに固定して何とかコンサートホールへ。
ゲネ含め本番も、ちゃんと演奏してプロ魂を見せてきました!
こんな時のほうが普段より良い演奏出来るというオマケ付きで。


01RK2041_xlarges.jpg
Photo : R.Kanemoto

コルセット巻いたので燕尾やタキシードは入らないため、ブラックスーツで演奏しましたw








オススメ音源はラトル指揮ベルリンフィルの演奏です。
タマシュさん、ガボールの二人の首席による全集なので、
どのディスクも素晴らしいラッパが聴けます!!!
ブラームスといえばベルリンフィル歴代の偉大な指揮者たちが演奏を重ねてきました。
そして、この演奏会と全く同じプログラムの演奏会が実はあったんです!!!

2008年11月25日火)19:00開演 サントリーホール
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73
指揮サー・サイモン・ラトル 管弦楽ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

当時の熱い想いを書いた日記がありました。
長文ですので追記のほうに書いておきます。

続きを読む

テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2018/05/23(水) 22:06:21|
  2. 喇叭 Perfomance & Concert News
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (171)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (92)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (43)
喇叭 Others (39)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (50)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (20)
カメラ、機材 Camera,etc (21)
旅・休日 Trip & Holiday (90)
城・神社・仏閣 Castle Temple (50)
御用達 Gourmet (17)
男のこだわり Excellent piece (34)
靴 Shoes & Boots (17)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (43)
二輪 Bike (36)
HD FXDLS (17)
家族 Family (37)
未分類 (21)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示