「喇叭道」高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

喇叭、写真、車、単車など   trptaka

シューマン交響曲第二番ハ長調

演奏会のお知らせ

私が07年よりお世話になっているオケの演奏会です。
今回が私にとって卒業公演の予定でして、
有終の美を飾れるよう目下、日々精進中であります。

6名様まで無料ご招待します。
ご希望者はご連絡下さい。



IMG_convert_20120426192153.jpg


チェンバー・フィルハーモニック東京 第11回演奏会
4/30(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
三鷹市芸術文化センター 風のホール
♪ヴェーバー:《オイリュアンテ》序曲
♪ブラームス:ハイドン・ヴァリエーションズ
♪シューマン:交響曲第2番 ハ長調
管弦楽/チェンバー・フィルハーモニック東京
指揮/木村康人
チケット/自由席1,500円、当日自由席2,000円


IMG+(2)_convert_20120426200555.jpg




メイン曲であるシューマンの交響曲第二番は、
冒頭がオケスタで取り上げられている曲としても
有名ですのでラッパ吹きとして、とても楽しみです。
全編にわたりドとソが重要な役割を果たします。


今回のオススメ音源はコレです。

シューマン:交響曲第1番&第2番&第3番&第4番シューマン:交響曲第1番&第2番&第3番&第4番
(2005/11/16)
バーンスタイン(レナード)

商品詳細を見る


多分、元首席ハンス・ガンシュ氏の演奏なのではないかと思います。


今回のプログラムは全てドイツもの。
アンコールも某有名な方の序曲です。
なんで楽器のほうは当然ロータリーを使うのですが、
シューマンのドとソの対策としてマウスピースを新調しました。


R0018992_convert_20120426192354.jpg



今回も亀山さんに作成して頂きました。
外観は亀山さんのロータリートランペットモデルと同一ですが、
リム・カップは私のオリジナルであるs1cリムと1CBカップにしてもらい、
スロートはコントロール性を重視して25の大きさに。
バックボアは亀山さんのオリジナルであるTにしました。
このTというバックボアは亀山さんと最近お亡くなりになった、
ウィーンフィル元首席のアドルフ・ホラーさんとの合作だそうです。


私の所有楽器ですとモンケにはイマイチでしたが、
シャガールとレヒナーには、なかなか相性が良いですね。
横ラッパはバックボアによって大分違いがあることを
改めて感じました。
先週の金曜日に工房で作成してもらい、
今週の火曜日にメッキして納品してもらい、
昨日より使用開始しておりますので、
若干、馴染めていないカンジもするのですが、
連日の練習でクリア出来ると思います。


使用楽器・マウスピース

シャガール C管 Horsdorf-Heavy Hi-C,Aクラッペン SP
トシ・トランペット・アトリエ リムS1C カップ1CB スロート25 バックボアT SP


追記

動画は全て当日のゲネプロ風景です。




冒頭は本番が一番上手くいきましたのでホっとしました。







第2楽章の終わりは本番が1番熱かったです。







ラッパの大事なフレーズは、
「ドーー、ドードッ、ソーーー」に
集約されております。


完璧を目指して全身全霊で臨みましたけど、
残念ながら、完璧は難しいですね(汗
でも自分のベストは出たと思います。
そして最後の音を吹ききった後に、
このオケで、この仲間たちと、5年間も一緒にやってきたのかと
感慨深いものを感じました。


TCPの皆さん、本当にお世話になりました。
どうもありがとうございました。


R0019029_convert_20120501214707.jpg

そしてTCP最後の演奏会に、
彼女と一緒に共演出来たことは
とっても幸せでした。
木村君ありがとうね!

It was the last concert of TCP yesterday.
I performed the Schumann symphony No.2
I have much pleasant recollections.
And I was allowed to study a lot.


I use instrument and mouthpiece.
SCHAGERL C trumpet Horsdorf-Heavy Hi-C,A SP
T.Kameyama Rim S1C,Cup 1CB,Throat 25,Backbore T SP


DSC_2472_convert_20120517105342.jpg

テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2012/04/26(木) 20:44:29|
  2. 喇叭 Perfomance & Concert News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (140)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (78)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (40)
喇叭 Others (28)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (38)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (13)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (73)
城・神社・仏閣 Castle Temple (43)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (28)
靴 Shoes & Boots (15)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (32)
二輪 Bike (20)
家族 Family (22)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示