高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

エワイゼン トランペット、バイオリン、ピアノのためのトリオ

今日は大学院の前期室内楽実技試験でした。

昔より憧れていたけど難しくて挑戦出来なかった大好きな曲である
エワイゼン作曲 トランペット、バイオリン、ピアノのためのトリオを
演奏してきました。


以下試験用プログラムノートより抜粋


Eric Ewazen TRIO for Trumpet,Violin and Piano

エワイゼンは1954年3月1日にオハイオ州クリーブランドに生まれ、ミルトン・バビット、サミュエル・アドラー、ウォーレン・ベンソン、ジョゼフ・シュワントナー、ガンサー・シュラーに作曲を学び、ロチェスター大学イーストマン音楽学校で学士を、ジュリアード音楽院で修士と博士を取得した。ニューヨーク・フィルハーモニックの「音楽との出会い」シリーズの講師、国際現代音楽協会の副会長、セントルークス管弦楽団のコンポーザー・イン・レジデンスなどを務め、1980年からはジュリアード音楽院で教職に就いている。

以上ウィキ情報より引用

このトリオ曲は、アメリカを代表するトランペット奏者であるChris Gekker クリス・ゲッカーに献呈された曲で1992年に作曲されている。なお初演はクリス・ゲッカーが1994年の2月にジュリアード音楽院で行い好評を得た。ミュートを効果的に使用した美しい旋律が特徴な第1楽章、アレグロモルトで奏でられる技巧的なパッセージが印象的な第2楽章、「マリンバのように」と冒頭に指示されたバイオリンのトレモロから始まる夢想的且つ幻想的な第3楽章、1楽章の主題を再現するフィナーレの第4楽章となる四楽章形式で全演奏時間は20分を超える。エワイゼンによると、ブラームスのホルン三重奏曲(ホルン、バイオリン、ピアノ)が作曲の着想モデルとなったとしている。

この曲のオススメ音源はコレです。

Principal TrumpetPrincipal Trumpet
(1997/09/16)
Phil Smith

商品詳細を見る


個人的にはクリス・ゲッカーさんのよりNYフィル首席奏者である
フィリップ・スミスさんのCDのほうが好みなんですよね。



使用楽器・マウスピース
バック C管 シカゴモデルSP
トシ・トランペット・アトリエ リムS1C カップ1CB スロート24 バックボア24 プラチナ EXT1
JUN’S ルネッサンスディスク



試験のほうは10分間の時間制限あったので、
好きな楽章である第1、3楽章を演奏しました。








残念ながら終了直前に時間切れで演奏切られたのですが(涙
ま、反省点はいくつもありますが憧れの曲を演奏出来て本当に良かったです。


今回も後期室内楽試験のサンサーンスに引き続き共演してくれたのは、
大学院の同級生であるバイオリンの大杉那々子さん、ピアノの井上紘奈さんです


当初、この曲は入学して直ぐに友達になった二人とやろうと話していたのですが、
いくつかの事情があって見送ったのです。

今回の試験に向けては二人が本当に丁寧にさらってくれて本当に感謝でした。
そして室内楽レッスンではアンドレ・アンリ客員教授に指導してもらったのですが、
とにかく、この異色の編成の室内楽曲を聴かせるようにするヒントをたくさん貰えたのも、
私にとって大きな財産でした。

本番当日の今日も、まず合わせをして、ゲネプロをして、
もう個人的には良いかなと思っていたのですが、
更に合わせの時間を割いて本番に臨むという献身的なお付き合い頂けました。

R0016462.jpg

二人は私にとって自慢の同級生です。
いつの日にか、三人で全楽章を再演したいものです。


It was the chamber music examination of the graduate school today.
We performed Eric Ewazen TRIO for Trumpet,Violin and Piano.
I performed with the classmates of the graduate school.
They are very wonderful musicians.
I regard as honorable that it has performed together.
I desire the day of when, and to be able to repeat again.
I use instrument and mouthpiece.
Bach C180SL229CC SP
T.Kameyama Rim S1C,Cup 1CB,Throat 24,Backbore 24 Platinum EXT1
Jun’s Resonance Disc







テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2011/09/30(金) 23:01:01|
  2. 喇叭 Diploma,Graduate school,Master class
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (153)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (84)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (41)
喇叭 Others (35)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (41)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (18)
カメラ、機材 Camera,etc (16)
旅・休日 Trip & Holiday (77)
城・神社・仏閣 Castle Temple (46)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (32)
靴 Shoes & Boots (16)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (35)
二輪 Bike (28)
HD FXDLS (8)
家族 Family (30)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示