FC2ブログ

高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

プラネルのトランペット協奏曲

本日は大学院二年次の前期実技試験でした。

去年はベーメを演奏したんですよね。
既に懐かしい。


今回の試験曲に選んだのはロベール・プラネルのトランペット協奏曲です。
この協奏曲は、いかにもトランペットらしい明るさのある大好きな曲です!


以下、試験用プログラムノートの記載した内容です。


Robert Planel Concerto pour Trompette

プラネル(1908年1月2日 - 1994年5月25日)はフランスのモンテリマール出身の作曲家。父親のアルフォンス・プラネル(1869年-1947年)は作曲家でモンテリマール音楽院の創設者であった。1914年から1918年までパリ国立オペラで最初のヴァイオリンのレッスンを受け、1922年から1933年までパリ国立高等音楽・舞踊学校でヴァイオリンのほか、和声をジャン・ギャロンに、対位法をジョルジュ・コサードに、作曲をアンリ・ビュッセルとポール・ヴィダルについて学んだ。1933年にローマ賞を受賞し、1934年から1936年までイタリアに留学した。1945年からパリ市の音楽教育の総括監察官として活躍し、パリ地方音楽院を創設した。

プラネルの主要な作品
アンダンテとスケルツォ
弦楽四重奏曲

4つのメロディー
詩篇
バーレスク(サクソフォーンのための)
パラード(オーケストラのための)
前奏曲と舞曲(オーボエとピアノのための)
幻想曲(ヴィオラとピアノのための)
トランペット協奏曲
など

以上ウィキ情報を引用。

このトランペット協奏曲は1966年に作曲され、「神」と称されることもあるフランスの偉大なトランペット奏者であるMaurice André モーリス・アンドレ に献呈された作品である。当時、アンドレは1955年にジュネーヴ国際音楽コンクール、1963年にもミュンヘン国際音楽コンクールで優勝するなど正に飛ぶ鳥の勢いの時期とも重なっていた。曲は三楽章形式となっており1楽章冒頭はオネゲルのイントラーダを想起させるようなlargamenteの指示で奏でられる壮大なモチーフから始まり明るい旋律の主題へと繋がっていく。2楽章は情緒溢れる東洋的な旋律が特徴で冒頭にミュートを使用しての演奏指示あるも、アンドレが初演時にミュートを使用しないで演奏してからというもの、その後のフランスでは常にミュートを使わない演奏が伝統になっているとのこと。(アンドレ・アンリ客員教授より)3楽章は前の楽章からのアタッカで始まり全編にわたり明るく快活なフレーズで満ち溢れている。また全楽章を通じHi-Cの音が効果的に使われていることも特徴である。


オススメ音源は当然コチラです。

Vol. 3-Concertos 3Vol. 3-Concertos 3
(2010/10/19)
Maurice Andre

商品詳細を見る


ラッパを勉強する上で主要なレパートリーが網羅されており
アンドレ全盛期の貴重な音源多数収録されているCDです。
長らく廃盤になっていた復刻ですし、またいつ廃盤になるか分からないので、
ラッパ吹きにとってマストアイテム、必聴盤です。



使用楽器・マウスピース
バック C管 シカゴモデルSP
トシ・トランペット・アトリエ リムS1C カップ1CB スロート24 バックボア24 プラチナ EXT1


HandyShareCaptureFile171.jpg



演奏のほうは、自信のあった1,2楽章で凡ミス、
課題あった3楽章は、まあまあと本番の難しさを実感です。
でも、Hi-Cはことごとく大丈夫だったので、まあ善しとします。
この協奏曲は、大好きな曲になりました。
今日初めて本番で演奏しましたが今後も機会あったら、
再演を繰り返して自分のレパートリーとしたいと思います。


今回、伴奏して頂いた城さんと記念撮影。
以前にも何回か伴奏して頂いていますが本当に素晴らしい方なんです。
金管楽器の世界では高名な方ですので知っている方も多いかも。


R00164521.jpg


そして今日聴きに来てくれた後輩たちにも感謝です。
やはり嬉しいものですね!


It was the solo examination of the graduate school today.
I performed the trumpet concerto of Robert Planel.
It is a very bright and wonderful concerto.
I love this concerto.
I continue to repeat.
And it is considered as my repertory.
I use instrument and mouthpiece.
Bach C180SL229CC SP
T.Kameyama Rim S1C,Cup 1CB,Throat 24,Backbore 24 Platinum EXT1


続きを読む

テーマ:トランペット - ジャンル:音楽

  1. 2011/09/25(日) 14:07:16|
  2. 喇叭 Diploma,Graduate school,Master class
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (169)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (92)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (43)
喇叭 Others (37)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (48)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (20)
カメラ、機材 Camera,etc (20)
旅・休日 Trip & Holiday (88)
城・神社・仏閣 Castle Temple (50)
御用達 Gourmet (17)
男のこだわり Excellent piece (34)
靴 Shoes & Boots (17)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (37)
二輪 Bike (34)
HD FXDLS (17)
家族 Family (34)
未分類 (21)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示