「喇叭道」高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

喇叭、写真、車、単車など   trptaka

Leica Viewfinder Magnifier M 1.4x

2O9A8184.jpg

30代後半より視力がどんどん低下し、
40代突入より乱視が酷くなってきました。
50mm以上の単焦点使用時のピント精度向上に向けて購入してみました!



2O9A8188.jpg


ズミルックスのレンズと合わせると数字の語呂も良いですねw
使用してみての感想ですが、ピント合わせが格段にやりやすくなりました!
特に薄暗くなってきたときなどに効果絶大。
もっと早く導入すべきでした(汗
でも50mmだとフレーミングの部分では多少問題あるかな。
構図をサッと判断しての撮影であれば1.25も良いのかも。



2O9A8189.jpg


カメラの出し入れ時などに外れやすいなどとの情報あったけど、
気を付けて使用すれば、あまり問題でないような印象。
でも落下させたらショック大きいのでチェーンを付けてますが、
このチェーン完成度の高さもライカならではと感じます!




テーマ:LEICA - ジャンル:写真

  1. 2016/08/07(日) 14:45:58|
  2. カメラ、機材 Camera,etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真のお仕事

記念すべき写真の初仕事でした。


2O9A7395.jpg


この中に掲載されているお店より依頼あり撮影をしました。
クライエントのニーズを的確に把握し、思い描いていたイメージを画にする。
作品としての写真撮影とは、また違うスキルが必要です。
音楽でもそうなんですよね。
芸術を追求していく音楽と、お仕事としての音楽とは。


自分で撮影したものが形となって残るというのは、なかなか良いものですね。
これから、いろいろと挑戦していきたいです。




テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/23(木) 17:41:24|
  2. カメラ、機材 Camera,etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EF40mm F2.8 STM

L1013721.jpg


Canonの現行パンケーキレンズであるEF40mm F2.8 STM
望遠レンズでの撮影時に軽量で持ち運べるレンズが欲しいと思い、
35mmと50mmの丁度、間の画角が正にうってつけと考え購入しました。


値段も手頃で大して期待もしていなかったのですが、これがなかなかイイです。


2O9A6050.jpg


とにかく軽量でコンパクトなので街中のスナップに最適です。
そして期待に反して、よく写ります!!!
ボディが高画素なのもあるでしょうが、十二分の描写です。
まあ24-70F2.8LⅡUSMと比べるとアレですが。



2O9A5901.jpg

特に重宝しているのが娘と散歩など外出時に、
このレンズだと右手だけで撮影できるのが最高です。
手を離さずに撮影出来るというのは安心できます!



小さいお子様のいるCanonユーザーのパパの皆さまオススメですよ。



L1013722-2.jpg

私はレンズガード、フィルターも付けてしまったので少々厚みが出てしまいました(汗
どちらか一つで良いと思いますw




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/21(日) 20:45:08|
  2. カメラ、機材 Camera,etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

L1012856.jpg


EOS5DsRとEF24-70F2.8LⅡUSMで写真を撮るようになってから、
やはり望遠レンズも欲しいということで比較検討を繰り返し、
ようやく本レンズを選びました。
LレンズであるF2.8の70-200mmとの一騎打ちだったのですが、
「望遠」ということを考えると400mmまでの長さがあるほうが良いだろうという最終判断です。



2O9A3882.jpg


多摩動物公園でのヒトコマなのですが、
日中の屋外ということであれば私の用途的には文句無しでした。
この画像は100mmで最短近くで撮影しトリミングしているのですが、
チーターの毛並みの再現力含め質感に感動しましたw



2O9A3901.jpg


望遠レンズって面白いですね!
これは葉っぱのある木立から400mmで撮影してみたのですが、
動物園での、いろいろな楽しみ方を満喫しました。
一緒に行った嫁と娘は写真ばかり撮っていると不満顔されましたが(汗



2O9A4145-2.jpg


先月のスーパームーンです。
ISO50、SSは1/250秒 テレ端f5.6の絞り開放で撮影しトリミングしています。
5DsRの高画素と望遠レンズの組合せ、いろいろ遊べそうです。

これをGETするのにEF50mmF1.2LUSMは手放してしまったのですが、
当分、24-70と100-400の2本のレンズで撮影を楽しんでいこうと思っています。









テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/18(日) 17:48:59|
  2. カメラ、機材 Camera,etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EOS5DsR EF24-70F2.8LⅡUSM

L1012222_convert_20150623101414.jpg

6月21日に新宿にある某カメラ屋さんに行き引き取ってきました。
2014年6月に義父より貰ったEOSKissX3より始まった1眼ライフですが、
今年1月に購入した7Dmk2を経て現時点での究極マシンへと到達してしまいました(汗


これをGetするために7Dmk2に加えエルマリート28mmも手放すことになりましたが(涙

2O9A0109-1_convert_20150623102401.jpg

EF24-70F2.8LⅡUSMも同時にGetしました。
Canonが誇る標準ズームの王道レンズです。
24-105F4Lや24-70F4Lなども検討しましたが、
それらを購入しても、きっとF2.8Lが気になり、
結局は、そこに辿り着きそうな可能性高かったため、
最初からコレにしようと決断してしまいました。
いろいろな記事より勉強していましたが開放から素晴らしい描写です。
私は、やはり開放からガシガシ使えるレンズが好きみたいです。






2O9A0109-0_convert_20150623102701.jpg

X3から7Dmk2に変えた際にも性能差に驚きましたが、
ライカから出てくる絵と比べ感激、感動は何か足りないと思っていました。
せっかく1眼でも写真を撮るなら同じような感動を得たいと思い、
いろいろ検討した結果、辿り着いた結論が、このボディでした。
撮影した写真を背面モニターで見たカンジも凄さを予感しましたが、
パソコンに取り込んでモニターを見て上記画像のように拡大したところ、
あ、結構、無理したけどコレにして正解だったと確信しました。

2O9A0138_convert_20150623102831.jpg

この画像は推奨レンズにも指定されているEF50F1.2LUSMを開放で撮影したものです。
ファインダーで手持ちでサっと構えサっと撮っただけのものなのですが、これをトリミングしてみると。




2O9A0138-0_convert_20150623103006.jpg

このカメラで、いろいろなことが出来ますね。
このブログに載せた画像は全て手持ちでJPEGなのですが、
発売前に言われていた手ブレに関して個人的に十分許容範囲内でした。
そしてシャッターを切った瞬間に、随分と作り込まれているというのが実感出来ました。

2O9A0131_convert_20150623103205.jpg

画素数を考えると風景メインかと最初は思いましたが、
これで人を撮るのが面白いかもと思った考えは正しかったようです。
このボディとは長い付き合いになっていける予感がします。
そして、たくさんの可能性を秘めているボディなので、
これから徐々に使いこなして自分のものにしていきたいです。





テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/23(火) 11:03:04|
  2. カメラ、機材 Camera,etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (140)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (78)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (40)
喇叭 Others (28)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (38)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (13)
カメラ、機材 Camera,etc (14)
旅・休日 Trip & Holiday (73)
城・神社・仏閣 Castle Temple (43)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (28)
靴 Shoes & Boots (15)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (32)
二輪 Bike (20)
家族 Family (22)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示