高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

Trumpet LEICA FXDLS trptaka

じこ

6/8に交通事故に遭いました。
私は自転車で相手は車。
事故の原因は車の運転手がブレーキとアクセルを踏み間違えたこと。
私も普段、車を運転しますから「かもしれない運転」を心がけますが、
ブレーキとアクセルを間違えるかもしれないとは流石に思っておりませんでした。
人間はミスをするものですが、AT車の功罪も一因だと感じます。
怪我のほうは左頬骨、頬骨弓、左上顎骨前壁、左上顎骨外側壁、左視神経管、左頭蓋底、左薬指の計7ヶ所骨折していました。
昨日、退院したので、暫くは安静に過ごします。

6/18に演奏会の本番入っていたのですが、それもキャンセルです。


追記

6/15に整形外科を受診したら肋骨も2か所骨折していました(汗
計9か所の骨折。







テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/13(月) 11:09:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あれから5年

あの日から5年が過ぎました。

心に刻み続けなければいけないこと。

毎年この日を迎える度に考えさせられること。

犠牲者の方々に黙祷を捧げます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2016/03/11(金) 19:48:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3・11



黙祷


失われた尊い命を忘れません。
あの時に感じた思いを忘れません。
あの後に私たちは何をしてきたのか、
これから私たちは何をしなければならないのか。




テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~ - ジャンル:その他

  1. 2015/03/11(水) 14:16:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窃盗事件

5月30日の19時~23時の間に
カイロのアパートに泥棒に入られました。
施錠してあったドアと鍵を壊して侵入。

トランペット Bach C管
ノート型パソコン 2台 東芝製
ipad 64GB
デジタルカメラ(リコーGR3)
ハードディスク
電気カミソリ
ペリカンのシャチハタ付ボールペン
30年近く愛用していたペンケース
オニツカタイガーのスニーカー
現金 15000エジプトポンド その他 ユーロ、ドルなどの外貨

総額80万円以上を失いました。
(保険には加入していましたが本ケースでは給付対象外なので1円も支払われないそうです)

被害にあった日よりインターネットに全くアクセスできずにおりましたが、
本日、日本に帰宅し、このブログを書いています。

事件については、また後日、この記事に追記という形で
詳細について書こうと思っていますが、
まだ肉体的にも精神的にも経済的にも立ち直れておらず
ここまで書くのが精いっぱいです。

被害にあってから、たくさんの方がそれぞれの立場で
支えてくれたことが唯一の救いでありました。
また個別に謝意を伝えていきたいと思っていますが少しお時間を下さい。
またブログに関しても、当面お休みさせて頂きます。



追記


5月30日 16時頃

家で食事を済ますと玄関の呼び鈴が鳴る。見知らぬ男が「マクサマ」という言葉を3回くらい発する。意味が分からなかったため「ラー」と返答しドアを閉める。何かひっかかるものがあったため考古学者矢羽多氏に紹介された日本語の堪能なエジプト人であるイサームさんに電話する。私の聞き取りが悪かったのか、そのようなアラビア語は存在しないとの返答。しかしドアに覗窓をつけるなどしたほうが良いとの助言あり9月にエジプトに戻った際にでもお願いしたいと伝え電話を切る。


5月30日 19~23時30分
 オペラハウスでロミジュリの本番。個人的にさんざんな出来の初日であったことに反省しながら近所のアルファマーケットで買物をして帰宅。アパートのドアの鍵を開け室内に入ると大量の木片があることに不思議を感じ、2歩ほど歩いた時に足で金属片を踏む。更に視線を寝室に向けると点けていっていない室内灯が点いたままで床に妻の水着が落ちていた。この時点で気づく。「まさか」と思いリビングに目をやると。現金を閉まっていた引き出しが開けっ放しになっており、更に財布も出されていた。

CIMG1643_convert_20140608221621.jpg

※ 玄関に入り足で踏んでいた金属片は、ドアの鍵の受け手部分であった。

 警察に通報するにあたって私のコミュニケーション能力では困難と判断しイサームさんに電話をして助けを求める。
イサームさんは深夜にも関わらず、すぐに私の自宅に向かうと返答あり、彼より盗まれた物のリストを作成するように指示ある。現金が盗まれたことは部屋に入った瞬間に一目瞭然、封筒に入れて小分けしていたエジプトポンド、外貨が中身のみ抜かれ、財布も中の現金全て抜かれる。しかしカード、免許証、パスポートなどは無事であった。

CIMG1645_convert_20140608221850.jpg

パソコン、ipad、デジカメなどを置いてたのだが根こそぎ盗まれていた。
インターネットにアクセスできる全ての物を盗まれたことに途方に暮れる。
連絡手段は通話とSMSしか送れない現地のみで使用できる携帯のみ。
それもチャージがなくなりかけており、いくつか電話したらチャージ切れ。

CIMG1647_convert_20140608222118.jpg

商売道具である楽器も被害に遭う。
それも今年に吟味に吟味を重ね、これからのオケ人生でメインとなるであろうC管が被害に。
※ラニオンブルースのケースに入れていたのだが、このように開けられたうえで盗まれていた。


被害にあったリスト

1 トランペット Bach C管 229ベル 25Hパイプ シルバー仕上げ 製造番号707001

2 ノート型パソコン 2台 東芝製 (白のノート、銀のウルトラブック、両方共CORE i7)
海外でインターネットは不可欠のライフラインのひとつであり日本語対応のPCを購入することは難しいことから、壊れるなどのトラブルがあっても大丈夫なように2台体制にしたことが裏目に。

3 ipad 64GB

4 デジタルカメラ(リコーGR3)

5 東芝製ハードディスク1TB
ライカで撮影していた全てのデータが消失。また今シーズンの演奏の録音データも全て消失。
何かPCにトラブルあった際のバックアップとして使用していたためデータの全てを失った。

6 ブラウン製の電気カミソリ

7 ペリカンのシャチハタ付ボールペン

8 30年近く愛用していたペンケース

9 オニツカタイガーのスニーカー (黄色)

10 現金 15000エジプトポンド その他 ユーロ、ドルなどの外貨


日付変わり5/31の0:30頃にイサームさんが到着。警察には通報済、大家にも代わりに連絡してくれる。
前に住んでいる住人(大家の長年の友人で家賃などを毎月支払っていた)に事情を話すも、
物音を含め、全く聞こえなかったとのこと。そして門番が1ヶ月前に辞めていたとの情報を聞く。
本来は、この門番が建物内に不審者などが入って来ないように監視していたりする。

イサームさんよりエジプトの警察がきちんと捜査するように日本大使館に通報し大使館より警察にプッシュさせたほうが良いと助言ある。在エジプト日本大使館の林領事に通報するも応答ナシ。

1:30過ぎくらいに、ようやく私服警察官2名が自宅に来る。イサームさんが通訳して状況報告。
明らかに日本の警察とは違い捜査し犯人を検挙するという当たり前のことが、全く期待できなさそうな警察官の行動。
彼らは署に来て供述をとるというが鍵が壊れているため、私は離れられないと伝えイサームさんに代わりに行ってもらう。
警察官が現場の写真を写すことすらしないことに驚く。
押入れに盗まれなかったカシオのデジカメを見つけたため、私が現場を撮影しておいた。
(今記事の写真全て)

CIMG1646_convert_20140608222011.jpg

犯人は、家にあった紙袋、ビニール袋などを使い盗んでいった。
盗んだものを入れていくものすら用意せずに盗みに来たことに怒りを感じる。

このアパートを借りた際にカギを新しくした。
カギに関しては、きちんとしておこうと考えピッキング不可能なシリンダーを選んでいた
しかしドアの鍵の受け手側を壊された場合は、どうにもならない。

CIMG1644_convert_20140608221709.jpg

ここに鍵があったが、ドア枠のほうから壊され侵入された。
里帰り出産で帰国している妻に電話をして状況を話し私の代わりに、
SNSを通じて同僚、友人、知人に知らせてもらう。

4時過ぎにイサームさんより電話あり事情聴取が終わり、これより一旦、帰宅する。
また鑑識が来るので現場を荒らさないようにと連絡あり。

※ 鑑識が来ないと鍵も直せない。


5月31日 10時
 SNSを見たエジプト人の同僚であり友人のカイロ響Trp奏者ワリドとTrb奏者ガメルが自宅に来る。彼らは今回の事件に関して詫びと何かあったら何でもするからと言ってくれる。そして二人より現金を私にとの話あるも、その気持ちだけでも嬉しいと丁重に断る。 11時にはイサームさんも自宅に来てくれる。昼過ぎに鑑識が来るとのこと。
大使館とも連絡が取れ状況を報告、内務省を通してプッシュしますとのこと。

12時過ぎに鑑識班が2名自宅に来て指紋などを探す。

CIMG1649_convert_20140608222207.jpg

2つの指紋が発見される。
エジプトでは18歳になると全ての国民が指紋をとられるため、犯人が分かるかもしれないとのこと。
また鑑識の捜査中に音楽監督、大家から連絡あるも全てイサームさんに通訳対応してもらう。
16時に捜査終了。鑑識班とイサームさんは警察署へ。またイサームさんより鍵の修理は21時に大工を手配したとのこと。
また盗まれなかった楽器はワリドの自宅へ全て持って行ってもらう。
それまで、一睡もしていなかたことから椅子に座り少し休む。

21時にイサームさんより電話、大工が今日は疲れたから行けないと連絡あったとのこと。
申し訳ないと詫びられ明日の午前中に他の者を手配するので何とか頑張って欲しいと。

23時に本番が終了したワリドとガメルが自宅に、もう1度来る。
水、飲み物、スナックなどの差し入れと現金(彼らの1ヶ月の給料を上回る金額)を置いていく。

CIMG1651_convert_20140608222438.jpg

椅子をこのようにして容易に侵入できないようにする。
また枕元含め3本の木刀とナイフをそれぞれに家の随所に用意し、
盗みきれなかったモノを求め、もう1度訪れて来るかもしれない犯人を待つ。


6月1日 10時
 大家が、今回の事件について詫び、ドアを鉄製のもの安全なものに変えると業者を連れて来る。ドア周りの寸法を計測し、これより業者と契約を済ませ48時間以内に工事を終わらすようにすると言われる。

12時にイサームさんが大工を連れて来る。
ドアの鍵を付け直し、ドアの枠のほうも修理。
工事終了後にイサームさんは今日も警察署へ。

15時に日本の保険会社に連絡。
事件に関して報告すると、今回のケースは保険給付の対象にならないとの返答ある。
現金に関しては諦めていたが、物に関しては少しは保険金請求できると思っていたため、
電話を切った瞬間にお先真っ暗、息をするのも苦しくなる。

18時30分に家を出てオペラハウスへ。
20時よりロミジュリの本番。
何人かの同僚に話しかけられる。
胃が痛み強烈な吐き気と口腔内が乾燥している最悪なコンディションであったが何とか1幕を演奏し終える。
パーカッション奏者のReemより言葉をかけられた瞬間に何故か今まで張り詰めていたものが切れ落涙。
口だけでない、心の底から、今回の不幸に対してという部分が私の心に突き刺さった。
舞台袖で誰にも気づかれないようにしているとHr奏者のワリド・レダさんが大量に砂糖が入った暖かいお茶を無言で差し出してくる。これにも涙。 終演後にレダさんより、彼の娘の旦那がドッキ警察署(今回被害届を出した管轄)に勤めている
ことから、その人も力を貸すとのこと。

23時30分
 被害に遭う以前より約束していたこともあり、演奏会に聴きに来てくれていた日本人と近所のお店へ。長居せず帰宅するも事件後より全く食事も睡眠も取れない。


6月2日 10~18時
大家とドア業者が来る。工事開始ドアと、その周辺の壁を壊し、新しいドアを設置工事。
ドアフレームも金属製で出来ており、さらにフレームと壁を鉄筋で溶接。
フレームの周りの壁は新たにセメントで直す。
ドア本体には4つのカギが付いていること、シリンダーの鍵も製造元の会社でしかコピーを作れないなど
安全度は高いドアとのこと。今回の工事費用7000ポンドは大家全額負担。

CIMG1653_convert_20140608222609.jpg

こんなに迅速に、そして円滑に何かが完成することはエジプトでは奇跡。

19時にオペラハウスへ。
トロンボーン奏者のマイケルより男気溢れる行動に落涙。
この彼の行為が結果、精神を少し楽にしてくれた。

20時より本番、何か吹っ切れたことにより攻めの演奏が出来た。
初日、二日目に比べると良い演奏が出来たがダメな箇所も。

帰宅後、ドアも安心なものに代わり、少しは睡眠出来る状況だろうに不眠。


6月3日 16時
 イサームさんが自宅に。昨日の工事で多量にでたゴミ、埃などの清掃手配。捜査の進行状況を確認するも進展無し。

20時 
本日もロミジュリ本番。
昨日の反省も含め少し冷静さを保ちベストを尽くす。
ミスはあったが今まででは1番良い出来であった。

帰宅後に日本人の同僚Aさんより差し入れてもらったボンカレーとサバ味噌煮(レトルト)を食べる。
ここ数日、まともなものを食べていなかったこともあるだろうが、美味い。

6月4日 
10時 イサームさんと日本大使館へ。日本政府発行の委任証明の文書を即日発行してもらう。
12時 エジプトの役所に行き、その文書をエジプト政府も公認のものとする手続き。
13時 裁判所に行き、一連の事件の証明文書発行を依頼。同日に受け取れるように、
ここ数日動いてきたにも関わらず警察署より必要書類が届いていないとのことで発行不可。

※昼間のカイロの気温は44度あった。

20時
ロミジュリ最後の本番、ベストを尽くすも有終の美とはいかず、前日のほうが良かった。
日本人同僚のH氏、Kさんが本番前にアタバの楽器街に行き俺の楽器を探してくれていたらしい。
深く感謝。
終演後に矢羽多さんと会ったところ、弁当を手渡される。
「おにぎり、きんぴらごぼう、だし巻き卵、骨付きとり肉の肉じゃが」
美味しかったです。
心にジーンときました。

6月5日 6時30分
 日本に向けて出発しイスタンブールでトランジット経て翌日に日本に帰国。



海外旅行保険の携行品について。
長期海外滞在者は居住施設の被害に対しても保険給付される条件にしておいたほうが良いと思います。
私は残念ながら、そうはなっていなかった。
 
6月9日に追記。






テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 2014/06/06(金) 18:49:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ボロアパート

カイロではアパートを借りているのですが、
こちらの賃貸物件というのはトラブルの宝庫なんです。

この写真を見て下さい。

R0025341_convert_20140505060420.jpg


何だか分かりますか?
天井が落ちてくるのです(汗
そもそも2年前に借りた当初よりパラパラと粉のようなものが、
落ちてくるので、その際に大家さんに直して欲しいと言ったのですが、
上の階の部屋の水道漏れが原因であり私の責任で無いみたいな発言あり、
自腹でペンキを全て塗りなおし綺麗にしたのですが、
1年も過ぎると同じような症状が再発。
特に最近は大量に落ちてくるようになったのです。

R0025344_convert_20140505060721.jpg

天井ですが、リビング全体ひどい有様です。
毎日、掃除機をかけるのですが、
次の日の朝には同じようなカンジに。
我慢にも限界があるので大家に連絡したところ。
驚くことに即対応してくれました(驚
連絡して直ぐに大家と修理屋が見積もりに来ました。

彼らの言い分としては工事に6~8時間かかるとの返答だったので、
仕事がオフの日程を伝え4月28日が修理日に。
11時の約束だったのですが大家は来ましたが、
修理屋は13時40分まで来ませんでした(苦笑
これもエジプトでは、いつものことです。。。
こんなことで腹を立ててはイケないのです。

どうせ、またペンキを塗るだけだろうと思っていたら、
修理屋は大量のパネルやら何やらを持ち込んできました。
エジプトでは、まず1回で物事済まないのが当たり前なので、
今日一日では絶対に終わらないと思っていたのですが奇跡が起きました。

R0025399_convert_20140505061109.jpg

修理内容としてはパネルを天井に張り落ちてくるものに蓋をするという状況なのですが
個人的な予想を完全に上回る内容で、ちょっと感動してしまいました(笑
更に大家は上の階の住人と交渉し6月上旬を目処に
上の階の根本的な原因である水漏れ直すように調整していると話を聞き、
更に驚いてしまいました。

何だ、こんなスムーズにいく話なら、もっと早く相談すれば良かったと思いましたが。

しかし、工事で出た大量のゴミ、埃に関しては軽く掃き掃除をしただけで帰っていったので、
その後が、超大変でした。翌日よりルクソールに演奏旅行だというのに。。。。
4時間近くぶっとおしで気が狂ったように掃除しまくりました(汗

R0025395_convert_20140505060925.jpg

これは綺麗にした床なのですが、タイル1枚、1枚全て。
大量に積もった埃の数々を拭きまくり。
今は快適な生活になったので満足なのですが。

大家曰く、6月の上の階の工事が完了したら、
うちのアパートのキッチンと浴室も工事すると言ってくれているのですが、
工事後の労力を思うと、もういいかなと思ってしまっていたりして。






テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 2014/05/05(月) 07:16:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

高 長行

Author:高 長行
1971年生まれ東京都国立市出身。1994年に道都大学社会福祉学部を卒業し朝日新聞東京本社のプレスライダーを経て札幌市の医療機関で主任MSW(社会福祉士・介護支援専門員)として13年間従事。

2001年より松田次史氏、星野究氏、ハンス・ペーター・シュー氏に手ほどきを受けトランペットの修行を開始し2007年に音楽家へ転身。2009年に尚美ミュージックカレッジ専門学校ディプロマ科管打楽器専攻、2012年に東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域修士過程をそれぞれ最高年齢で修了。両校でトランペットを栃本浩規氏、ティム・モリソン氏、津堅直弘氏、アンドレ・アンリ氏、高橋敦氏に、室内楽を稲川榮一氏、水野信行氏、山本孝氏に師事する。同年9月よりカイロ歌劇場管弦楽団のトランペット奏者に就任。


第28回草津国際音楽祭でハンス・ペーター・シュー氏のクラス、また派遣助成オーディションに合格し2009ライプチヒ国際音楽祭でペーター・ミヒャエル・クレーマー氏のクラス、第31回霧島国際音楽祭で高橋敦氏のクラス、第17回浜松国際管楽器アカデミーでエリック・オビエ氏のクラス、それぞれでディプロマを取得する。

第7回大阪国際音楽コンクール第2位、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第3回津堅トランペットコンクール第5位、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール審査員特別賞、第20回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞の受賞歴あり。

ソロ活動は第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京、国際芸術連盟主催第40回新人演奏会、北広島市花ホール主催「第7回春の音楽会」で演奏歴あり。

オーケストラ活動ではボリショイ劇場管弦楽団、カイロ歌劇場管弦楽団、カイロ交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、バッハアカデミー管弦楽団、東京国際芸術協会管弦楽団、日本クラシックオーケストラ、キリシマ祝祭管弦楽団、ケンツビッチ祝祭管弦楽団、ちちぶ国際音楽祭オーケストラなどにエキストラ出演している。

最新記事

カテゴリ

喇叭 Perfomance & Concert News (149)
喇叭 Mouthpiece,Instrument & Case (84)
喇叭 Diploma,Graduate school,Master class (42)
喇叭 Others (31)
喇叭 JAZZ (5)
写真 Photo (39)
国立市と高知県 Kunitachi & Kochi (17)
カメラ、機材 Camera,etc (15)
旅・休日 Trip & Holiday (77)
城・神社・仏閣 Castle Temple (46)
御用達 Gourmet (13)
男のこだわり Excellent piece (30)
靴 Shoes & Boots (16)
刀剣 Knife (12)
四輪 Car (35)
二輪 Bike (26)
HD FXDLS (6)
家族 Family (26)
未分類 (20)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示